大竹昭子のカタリココ

朗読イベント〈カタリココ〉&トークイベントのお知らせと「日々雑記」

おしらせ&雑記

内田美紗さんと森山大道さんをゲストに、ことばと写真の関係を探りました。

内田美紗さんにお会いしたきっかけをお話し、「森山大道さんのお姉様です」とご紹介すると、会場にどよめきが起きました! この事実はほとんど知られていませんが、大道さんの写真と美紗さんの句をあわせて『鉄砲百合の射程距離』(月曜社)をつくったポイントはその事実を知らせることではないので、本のなかでは隠したものの、こうしておふたりが並んだからには公表しないわけにはいきません!
katarikoko_-29_convert_20170429163940.jpgkatarikoko_-19_convert_20170429164154.jpgまず本の感想を伺ったところ、森山さんのセリフがふるっていました。「姉のほうがヤクザだなあ。ボクは写真の世界ではちょっとはヤクザかもしれないけど、姉のほうが上手。見知らぬ人がここにいるという感じがする」。
そもそも、その人のふだん見えない部分が表れ出るのが表現行為のおもしろさです。その度合いが高いほどすぐれた作品です。一方、知らないのに知っているような気になってしまうのが兄弟関係。本書に接した森山さんの驚きは両方の相乗効果だったのでしょう。
冬苺
おふたりに共通するものに官能性があります。俳句と写真のセレクト作業をしながらそれを強く感じました。色っぽさ、人間のあやうさ、いやらしさに目を留めるところ、ぷるぷると震えるような瞬間を見逃さないところが似ているのです。ですから、本書ではその部分を強調しました。美紗さん曰く、「セクシーであることは大事です、男でも女でもそう。フランスの作家が、異性から興味をもたれなかったらその人は終わる、と言ってますけど、そう思うんです」。
katarikoko_-2_convert_20170429163528.jpg
私のなかにつねにあるのは、「表現とは何か」という問いかけで、話はおのずとその方向に進んでいきました。
「表現っていうのは基本的にあざといものだと思うんです」(美紗)
「そうだね、隠しても隠して見えてしまう」(大道)
つまり、表現者になったからにはあざとさから逃げられない、自分のあざとさを自覚しつつ、それに流されずにどう緊張感を維持するかが勝負のしどころなのですね。

改めて、表現とはその人が世界をどう認識しているかを表明する行為なのだと感じました。人生のあれやこれやの出来事や、それにまつわる感想や情感を伝えるものではない、それではお話の域を出ず作品には昇華しません。日々を生きながら実感していることを人間の事象として普遍化させる作業なのです。MisaDaido_cover_obi_W640-min_convert_20170430115854.png「内田美紗」という特異な才能を、結社の周辺で事が進んでいく俳句界に留めておくのはもったいない、トークをしながらつくづくそう思いました。彼女の作品がジャンルの境界を超えて多くの読者に届くよう、その活動の場が広がるよう微力ながら努めていくつもりです。

5月7日まで森岡書店銀座店にて、美紗さん、大道さん、わたしのサインがはいった『鉄砲百合の射程距離』を販売しています。この本に登場する森山さんの写真展も同時開催。大道さんの写真もお手頃な価格で買い求められますので、ぜひお立ち寄りください。一般書店での販売は連休明けからになります。撮影:谷本恵(2017.4.30)

4月の迷走写真館はこの写真です!

f3c11e0c-s.jpgセピア色のこの写真を見て、魅了されない人はいないでしょう。少女のまわりにあるひとつつひとつの物がおもしろく、セッティングされた状況に置かれた彼女の何かを問うような表情も気になり、引き込まれます。

いまでは、こういう撮り方が試みられることはなくなりましたが、写真からは幸運にもカメラを手にした者のはりきりぶりや初々しい興奮が伝わってくるように感じます。ギャラリーときの忘れもの

3月5日に開催した「ことばのポトラック」のご報告です!

170305_1.jpgご報告がおくれてすみません。3月5日に美術家の鴻池朋子さんとお迎えしておこなった第13回「ことばのポトラック」のレポートを、写真とともにポトラックのウェブにアップいたしました。寄付金は「3.11こども文庫」にお贈りしました。そのご報告もあわせてお読みいただけます。
「ことばのポトラック」は今後もつづいていきます。来年のゲストの方も決まりましたので、追々お伝えいたします!→ことばのポトラック(2017.4.8)

2017年<カタリココ>のラインナップ発表です!

katarikoko2017coverW320_convert_20170319124219.png毎年、この季節になると、今年のカタリココは決まりました?と訊いてくださる方がいます。はい、間もなく発表しますので、Webをご覧ください、とお答えします。チラシの文面を書いたり、デザインをお願いするために1月には決まっているのですが、ぐっと堪えるのです。発表は春の到来とともに!ですから。 

10周年の昨年は赤色のチラシでしたが、11年目に入る今年はご覧のとおりクールで爽やかな色調。前回の三つ折りが好評だったので、今年もそういたしました。各回の言葉はそれぞれのお店が担当し、裏面には、どうやってゲストを決めていくかを私が書いた「芋のツルをたどるように」が載せました。デザインは五十嵐哲夫さん。毎回、細部に工夫を凝らした品のあるチラシをつくってくれます。

チラシは、開催会場の森岡書店、ポポタム、古書ほうろう、ボヘミアンズ・ギルドほか、下北沢B&B、渋谷サラヴァ東京などでもピックアップできます。
4月から11月まで、ジャンルのちがう四人四色の面々が登壇する11年目のカタリココを、どうぞよろしく!
*チラシの内容をご覧いただくには上記の「これからのカタリココ」をクリックください(2017.3.19)

3月の迷走写真館はこの写真です!

8ddcd4cd-s.jpg最初にこの写真を見て浮かんできたのは、五体投地のシーンです。
実際に見たことはないですが、チベット仏教の人々が五体を地面に投げ打って神に祈る姿は写真などで目にしており、そのイメージと重なりました。
でも手間側に岩を積んで囲いが出来ているのを見ているうちに、別の想像も浮かんできました。
写真についてなんの情報もなく眺めるとき、知っている事柄を参照して考えたり、記憶にあるほかのイメージとつなぎあわせて想像を馳せたりするものです。
まったく見当ちがいのことを考えていることもありますが、こと、この写真についてはまんざら遠くもなかったようです。文章を読んだあと、別枠の解説をご覧ください。→ときの忘れもの

2月の迷走写真館はこの写真です!

88aa26af-s.jpg一見してわかるのは、現代の写真ではないということ。
ふんどしを付ける子はいないし、ましてや、渓流の中をこんなふうに覗きこむことはしないでしょう。
全身にみなぎる意欲が小気味良く、見ているだけでこちらの体にもエネルギーが注入されてくるようです。→ときの忘れもの(2017.2.16)

今年の「ことばのポトラック」は3月5日に開催です!

チラシ・スクリーンショット
今年のゲストは美術家の鴻池朋子さんです。チラシに書いた通り、昨年彼女の著書『どうぶつのことば 根源的暴力をこえて』に出会い、次回のポトラックは鴻池さんに来ていただきたい!と切望しました。先日打ち合わせをしましたが、さまざまな話題が飛び出し、もうトークがはじまってしまったような勢い。
当日は彼女の現在を軸に、カンザス、フィンランド、タスマニアなど、海外での活動についても話していただきます。美術に関心のある人はもちろんのこと、美術を遠いものと感じていた人にとっても心と体に響く場になるでしょう! 
次回の予告編の映像(わたしが熱く語っています!)をこちらでご覧いただけます。予約方法ものってます。→ことばのポトラック(2017.2.1)

2017年1月の迷走写真館はこの写真です!

70f6ea4f-s.jpg早いもので、この連載も48回になります。つまり4年が経過したというわけですね。
毎回、写真展か近刊写真集からモノクロ写真を一点とりあげていますが、その写真を選ぶのがなかなか大変です。写真としては良くても、書けそうという予感が持てないとだめで、そこの判断がなかなか難しいのです。
原稿にむかうときは頭の中はまっ白状態。書けそうな予感だけが頼りなものですから、もしもこれを選んで何も書けなかったらどうしょうとウジウジするのです。
なのでどうしても要素の多い写真を選びがちなのですが、今回の写真のように要素が過剰なほど多いと少ないものと同様にビビリます。写っているものをただあげつらってもしょうがないし、うまくいくだろうかと悩むわけです。そういう意味で今回の写真は挑戦でした。うまくいっているといいのですが……。ギャラリーときの忘れもの(2017.1.30)

「間取りと妄想」最終回がアップされました!

plan12-1-580x877.jpg





































最終回は一風かわった集合住宅が舞台です。玄関からベランダ側へと部屋がうなぎの寝床のようにつながってます。が、特異なところほかにもあって、どちらかと言うとそのほうが大きいのですが、それが何かは読んでのお楽しみ!
昨年8月にスタートしたこの連載も今回が最終回です。書下しを加えて来年6月に亜紀書房から出版されます。目下、これまでの回を推敲しているところが、読むたびにいやなところが見つかり書き直すので終わりがありません。飽きっぽい性格なのに、こと文章になるとひどく往生際が悪い。校了までジタバタがつづきそうです。→あき地(2016.12.30)

12月の迷走写真館はこの写真です!

28835901-s.jpg
楽しげな草原のピクニックです。
一頭のひつじが正面を向いているのがミソ。
カレの視野には写真家の存在も入っているかもしれません。
このなかでいちばん冷静な感じもします。

反対に、いちばん冷静でないのは左のハンチングの男。
かなり出来上がっている様子で、しかももう一本開けようとしています!
ときの忘れもの