青山ブックセンター本店でフェアを開催!

??青山ブックセンター本店で、昨年亡くなられた青土社の津田新吾さんの仕事を見わたすフェア「本の島」がおこなわれており、こういう企画はすばらしいなあと感激していたら、その棚を作ったABCの寺島さやかさんが、私の全著作を展示するフェアをしてくださることに!
『ソキョートーキョー』を読んで、「この作品にはこれまでの仕事がぜんぶ入っている!」と直感されたのがきっかけと伺い、感激しました。
どのようにひとつの仕事がつぎの仕事に発展したのか、逸脱の軌跡をポップ付きで展示してます。「超ジャンル主義」というのは結果にすぎないのですが、どうしてこのようにジャンルに回収できない仕事の仕方をしてきてしまったのかということも、自分なりに考えてみました。また開催記念として、いま鼠京新聞社(!)にて『ソキョートーキョー』までの著作の歩みをたどったリーフレット、『ポータブル・大竹昭子』を制作中。10日の週末には棚のところで無料配布いたします。また期間中にトークショーも開催する予定でいま準備を進めています。青山にいらしたら立ちよってみてください! 津田さんの棚の向かいです。(2010.4.4)