渋谷の地形と文学についてトークします!

渋谷駅前が谷底なのをつい忘れてしまいそうになりますが、これほどスリバチ形をした町も珍しいです。でも、完全なスリバチ地形はあり得ず、一カ所だけ開いていて、それが渋谷川。その川にそって渋谷の地形と文学の話をします!
登場するのは、渋谷界隈で6回も引っ越した大岡昇平、松濤にいた三島由紀夫、桜ヶ丘の森山大道、ちょっと離れるけれど天現寺の須賀敦子。丸谷才一の「だらだら坂」、川崎大助の「東京フールズゴールド」も外せません。再開発で渋谷駅前の風景が大きく変わろうとしているいま、希有な地形をこの身に刻んでおきましょう!(2018.4.5)
日時:4月24日(火)19:00〜
会場:Bunkamura オーチャードホール ビュッフェ
料金:2000円(ワンドリンク付)
予約:Bunkamura