2018年、今年もよろしくお願いいたします!

賀状テスト
子年はまだ先だというのに、出たがりですみません!
寝てるか、働いているか、どちらかの状態しかないおふたりですが、わたしの2018年も夏までいろんなことが目白押しです。

早いもので、来春は須賀敦子さんが他界して20年。それにあわせて『須賀敦子の旅路 ミラノ、ヴェネツィア、ローマ、そして東京』(文春文庫)を刊行し、同時に2001年に須賀さんの足跡をイタリアに辿ったときの写真で、東京・京都・福岡で写真展&トークショーをいたします。今回の本の改稿と書下しの作業をとおして、ひさしぶりに須賀敦子の人生を振り返りましたが、彼女の生きることへのこだわりの深さに改めて感服いたしました……。さらっとしてちゃダメだな、ときには濃くならなくちゃ、と実感した次第です。

昨年は、『鉄砲百合の射程距離』と『間取りと妄想』の2冊を世に送り出すことができました。
『鉄砲百合の射程距離』は俳人・内田美紗さんの句に、森山大道さんの写真を合わせた大判の写真俳句集で、
わたしは編者の役回りでしたが、長年あたためてきたアイデアを実現できたのは嬉しく、内田さんと森山さんによる「姉弟トーク」をカタリココで開催したのも望外の歓びでした。
また自著の執筆では、自分のなかに埋もれていた「間取り好き」という鉱脈を掘り出し、場を与えることができたのが感慨深かったです。間もなく『間取りと妄想』第2弾にむかって離陸する予定です。

今年の「ことばのポトラック vol.15」は3月11日に開催します。ゲストは写真家の志賀理江子さん。震災を体験してからいままでの間に感じ考えたことを語っていただきます。
12年目にはいる「カタリココ」はただいま仕込み中で、春にはラインナップをご報告できるでしょう。
そしてもうひとつ今年前半で重大なのはドゥマゴ賞の選考委員という仕事。日本のどこかで人知れず「文学」している方を探し出したいと思っています。

という具合に、いろいろなことが頭のなかに渦巻き、つんのめりそうですが、怪我しないようにしっかり歩を進めていきましょう。みなさまにおかれましても、昨年し残したことにとりかかれたり、新しいことに挑めたりと、実りのある一年となりますように祈っています。(2018.1.4)