短編集『間取りと妄想』が書店に並びはじめました!

FullSizeRender_convert_20170531191514.jpg
間取り図をつくり、そこから13の短篇を妄想する、とまさに『間取りと妄想』というタイトルのどおりの短編集です。
 ちいさいときから間取りを見たり、描いたり、街を歩きながら人の家のなかを想像したり、知り合いの住まいを見せてもらったりするのが大好きで、だから子供のときの夢は「建築家!」でしたが、算数ができないとダメだとわかってあえなく断念しました。その無念な思いを晴らしたいという気持ちがどこかにあったのか、間取りの物語はいつか書いてみたいと思っていたテーマのひとつでした。

「マドリスト」なんて言葉もあるくらい、世間に間取り好きは多く、しかも彼らの楽しみは間取りからいろんなことを妄想することであるのは、「間取り」と「妄想」と入れてインターネットで検索すると驚くほどたくさんヒットすることからもわかります。

もしかしてこれは日本的な傾向かもしれない、と最近ふと思い当たりました。
日本の狭い住環境のもとでは、思いもしない奇想天外な間取りが生まれ、またそのなかでの暮らしぶりも外観からは想像がつかないことが多いです。
同じことは、わたしたちの行動にもいえ、内と外という概念に規定されて、人の外側にあらわれる表情や態度などが、心のなかで感じ思っていることとちぐはぐになるということがよく起きます。つまり、間取りは人間の内面、人体の内側、意識世界、見えない領域などのアレゴリーでもあるわけで、そんなことがマドリストが多いことと関係があるのかもしれません。

間取りが示唆するそうした要素を、あたまのなかでころがしながらつむいだ13の物語。
付録に間取り図リストをつけたので、読みながら参照すると間取りをイメージしやすいですし、またこれを手がかりに妄想力を全開にしてそれぞれの物語に浸ってみるのもいいでしょう。
装幀は名久井直子さん、イラストはたけなみゆうこさん。青焼きのような表紙が内容とぴったりマッチし、うっとり見入ってしまうようなすばらしい仕上がりです!(2017.5.31)