『出来事と写真』のトークショー、予約はじまりました!

本書影_convert_20160323144733すぐに結論が求められる時代ですが、この本にはひとつも結論がありません! 大震災以降にふたりが疑問に思ってきたことをちゃぶ台をひっくり返すごとくぶちまけた、そんな内容です。ジャンルの壁を踏み越えて考えを深め、それを交換しあうことが、いまほど求められている時代はない、と思うのです。
「ふつう本が出るとやれやれとほっとするけど、この本についてはそういう感慨が湧かない」と畠山さんは言います。私も同感です。途中、混迷したので本が出たことにはほっとしていますが、内容については、これから考えていきたいと思うことを外在化してテーブルに並べた、という気持ちです。ですから、4月18日のトークショーも通常の「刊行記念イベント」ではなく、本が出てから現在までに互いに考えたことを語りあう場になるでしょう。
半年間メキシコに滞在し、むこうのアートシーンを見てきた畠山さんは、いまメキシコで主流になっている「社会とアート」というテーマに関心を寄せています。これまでそういうアプローチで芸術表現をとらえてこなかった彼が新たに見いだした課題に、どんな報告が聞けるか楽しみです。

当日は会場から質問を受けつつ進めたいと思います。本を読んだけど、この部分がわからなかった、この点について少し突っ込んで訊きたい、この意見には反論したい、などなどいろいろと疑問点をぶつけてください。まだ読んでないけど、読んでみたいという人には、本に入るためのよいステップボードになるでしょう。以前のサラヴァ東京でのトークは6時間になりましたが、今回は夜のプログラムが入っているので3時には終了予定です。短時間ですが、テンションを上げて写真やアートについてさまざま問いかけをしたいと思います。参加ご希望の方は早めに予約をどうぞ!(2016.3.23)

日時:2016年4月16日(土)13時開演、15時終了
出演:畠山直哉×大竹昭子
チケット:1500円
会場:渋谷サラヴァ東京
予約:http://l-amusee.com/saravah/schedule/log/20160416.php