3月の迷走写真館はこの写真です!

ea8c9605-s-1.jpg早いもので、この連載ももう38回を迎えました。毎度書くことなどまったくないような焦りを覚えつつ写真に向かうのですが、まっ白な紙の上に線を一本引くとなにかが生まれくるように、見ているものについて試しに一行書いてみると、そこから考えがほぐれて、思わぬ地点へとたどりつくのです。この写真についてもそうでした。透明カプセルのなかに永遠に座っている親子……。ときの忘れもの (2016.3.2)