連載小説「間取りと妄想」がはじまりました!

ootake_01_01-580x798_convert_20150831134731.jpg間取りが大好きで、不動産屋の窓に貼付けられた間取り図に見入ったり、家のポストに入っていたマンションのチラシを凝視したりということがよくあります。目にすると無意識のうちに部屋の様子を想像してしまうのです。そんな「隠れマドリスト」の私の妄想を全開させる連載がスタートしました。はじめは間取り関連の本を参考にストーリーを考えようとしましたが、うまくいかずに間取りも自分で考えることに。初回はご覧のようにペナント型の旗竿地に建ててみました。
小学校のころ、建築家になりたかったのに、入試に数学があると知って諦めたという苦い記憶があります。そのときの無念な思いを晴らすべく人と空間の関係を探る短篇を書いていきます。イラストは建築家でもあるたけなみゆうこさん。わたしの書いたスケッチから図面をおこしてイラスト化するという手の込んだもので、実施図を作ればこのまま建ちます! 亜紀書房のWebマガジンあき地にて毎月第3水曜日に掲載。(2015.8.31)