7月16日のカタリココ。ゲストはノンフィクション作家の高橋秀実さん!

7月16日のカタリココはノンフィクション作家の高橋秀実さんにお越しいただきます。高橋さんのお仕事に興味をもったのは、昨年、日経新聞で「プロムナード」というエッセイの連載でご一緒したのがきっかけでした。毎週、月曜から土曜までちがう筆者が受け持つのですが、高橋さんの回がダントツにおもしろかったのです。

新聞のエッセイというのはなかなかむずかしく、気軽に読めるものを目指すと身辺雑記になってしまい、かといってワンテーマで追っていくと読み切りのおもしろさが損なわれます。毎回読む人がちがうことを想定して、素材を選び、料理する、と簡単そうで奥が深い世界です。高橋さんのエッセイは、ごく卑近な話題からはじめて読者をだんだん遠くに連れていき、最後には思わぬ場所に着地させるという、まさにエッセイのお手本のようなすばらしさで、来年のゲストは高橋さんだ、と連載中から密かに念じていました。

高橋さんとの仲立ちをしてくれたのは関川夏央さんです。初期から高橋さんの実力に注目していたそうで、『ご先祖さまはどちらさま』の冒頭では、2度しか会ってないのに高橋さんを「お前」呼ばわりした作家として登場します。「もし関川さんも一緒に居てくださるなら……」というのが高橋さんの出演条件だったので、関川さんもスペシャルゲストとして登壇くださることに! 朗読コーナーでは、「プロムナード」の文章でそれぞれが印象的だと思った回を高橋さんとわたしでリクエストし合って朗読しますが、追加で『ご先祖さまはどちらさま』の関川さん登場の場面も(ご本人を前に!)読んでいただこうと思います。めったにトークショーに出られない高橋さんに、彼を引っ張り出してくれた関川さんも加わっての、「一度で二度おいしいカタリココ」をぜひお見逃しなく!

開催日時:7月16日(木)19:00開場 19:30開演 
会場:古書ほうろう  東京都文京区千駄木3-25-5 tel:03 3824 3388 horo@yanesen.net

上のメニューバーの「これからのカタリココ」をクリックすると、会場である古書ほうろうの宮地健太郎さんからのコメントがご覧になれます。そのなかで宮地さんは、テーマを決めずに書く高橋さんのスタイルについて言及していますが、わたしもそのスタイルできたので、高橋秀実さんを同志として深く敬愛している次第です!(2015.6.16)