おすすめします。佐藤貢さんの『旅行記』!

dokusyokan.jpg毎年、年末になると「今年の1冊」を挙げてコメントしてくださいという依頼が西日本新聞から来ます。昨年、挙げたのは佐藤貢さんの『旅行記』。佐藤さんは美術家ですから、これだけ長い文章を書いたのははじめてだと思います。ちょっと他とは比較できない特異な本。一語ずつ、胸の内を探り当てるようにして刻まれた言葉たちの圧倒的な力。「ことだま」という言葉が浮かびました。
この本を出したのは、佐藤さんに惚れた大阪のギャラリーiTohenです。上巻が売れたら、印刷費がでるので下巻を出そうとのこと。流通を通していないので直販です。全国で20店のブックショップが10冊ずつ売ってくれたら、次がでます! (2015.1.27)