あけましておめでとうございます。

R0022723_convert_20150102164845.jpg

新しい年がはじまりました。正月らしいことをするわけではないですが、気持ちは引き締まります。
懸案だった仕事場の整理にも、ようやく手がつけられました。
やはり、区切りというのは必要なものなのかもしれません。

昨年は出版界の売り上げが史上最低だったというニュースがあり、ひんやりとしたものを感じました。
これでまた本を出しにくくなるなあと、と好景気の恩恵には浴してなかったから無関係!と笑っていられたバブル崩壊のときよりも、深刻な心持ちです。

でも、心配しても仕方がないですね。今年は執筆にさらに精を出しつつ、本や文学の裾野が少しでも広がるような内容のあるイベントをおこないましょう。わたしに可能なのは4、50人レベルのイベントで、1000人を相手にするような大きなものはできまませんが、内容の濃さではどこにも負けないものでありたいと願ってます。

今年のカタリココは6月スタートです。ゲストのラインナップは年内に決定しました。これから日取りの調整などを行い、5月の連休前には全体像をお伝えする予定です。

もうひとつ、「ことばのポトラック」は5月開催予定で、昨年にひきつづき、堀江敏幸さんとともにいま企画を練っているところです。こちらも決まり次第、ご報告いたします。

今年も、この写真のふたりのように、身を乗り出すようなトークショーができますように!
みなさま、どうぞ応援ください。(2015.1.2)