新しい沖縄の眼、石川竜一の写真展。8日に彼とトークします!

石川竜一-thumb-650xauto-1800
石川竜一さんにはじめてお会いしたのは2012年10月です。沖縄の知合いから、ぜひ会って欲しい写真家がいると連絡があり、ちょうど「ニューヨーク1980」の写真展の最中だったので、上京した彼にその会場に来ていただきました。
写真を拝見して、沖縄からいよいよ出たな、と思いました。それまでの沖縄の写真というと、沖縄の固有性を撮ったものが多かったのですが、彼の写真は沖縄を特別な場所としてアピールするのではなく、自分の生まれ育った場所で気になったものにカメラを向けるという撮り方です。でもそこにはこれまで見たことのないような濃厚なものが写っていて、戦慄しました!
その場でただちに二人の人に連絡しました。赤々舎の姫野さんと、アツコバルーのアツコさんです。いいと思うものにまっすぐに反応する彼らに、石川さんの写真を見て欲しかったのです。
それから2年たち、ふたりの実行力が写真集と写真展というかたちに結実しました。赤々舎からは『okinawan portraits 2010-2012』と『絶景のポリフォニー』を同時刊行。アツコバルーでは11月7日から24日まで写真展「zkop」が開催されます。
きれいごとではない、腹の底から人間を讃歌する彼の力強いショットを身に浴びてください。8日(土)には、言い出しっぺである私と石川さんのトークもあります。(2014.10.30)

■11月8日(土)
□17:00~19:00 予約不要・参加無料 *入場料500円(ワンドリンク付き)のみお払いください。
「石川竜一×大竹昭子トークイベント」