写真集の人気と森山大道プリンティングショーついて、記事を書きました。

複製で輝く写真の生命----- 「オリジナル」重視の欧米で評価              大竹昭子

 二〇一〇年、ニューヨークで一風変わった写真のイベントが行われた。会場に用意された森山大道の写真コピーを参加者がセレクトして自分だけの「森山大道写真集」を作るというものだ。森山が手ずから刷ったシルクスクリーンを表紙にあしらいサインを入れたそれは、複写コピーのチープさが輝きに転じて生々しさを放った。
 こうしたイベントは以前なら一笑に付されただろう。作品の価値はオリジナル・プリントにあるという考えが主流だったからだ。この傾向は七十年代に欧米で広まり日本にも浸透したが、興味深いのは日本では同時に印刷された写真の人気がしぶとく続いたことだ。六十年代前後にユニークな写真集が多く出たり、雑誌が写真家のメインの活動の場だったことが大きい。現在も個人出版や冊子も含めて、これほど多くの写真集が出ている国はないだろう。
 欧米のコレクターがそれらを熱心に集めだしたのは二〇〇〇年を過ぎた頃からだろうか。プリントに比べてモバイルな存在で伝播が速く、とりわけ六十年代の写真集は人気が急上昇した。
 昨年訪れた国際的な写真フェア、パリフォトでも日本のヴィンテージ写真集が多く販売されておりその高値に驚いたが、面白いのはその先で、彼の地でも印刷された写真にポジティブな目がむけられるようになったことだ。
 冒頭にあげたプリンティングショーの熱気はそうした変化なしには考えられない。企画者はアメリカ人写真編集者アイヴァン・ヴァルタニアン氏。日本の写真集の歴史をひもとくうちに、七四年に森山が行ったプリンティングショーを知り、再現したいと願った。当時、森山は写真が絵画のように鑑賞されることに違和感を持ち、苦肉の策として行ったのだが、ヴァルタニアン氏はそこに欧米の写真史にはない特徴を感じ取ったのだ。
 セレクトに二時間も悩む人、一つのイメージだけで一冊つくる人など、それぞれのこだわりが写真的で興味深かったと森山氏は語る。四十年ぶりのイベントは大成功で五百部がすぐに売り切れ、開催の申し込みが各地で殺到しているという。
 サイズや焼きを写真家がコントロールし一定枚数だけを制作するオリジナルプリントは、複製可能なメディアである写真を美術作品として流通させる。その一方で印刷やコピーの発達により、生みの親を離れるように写真が移動範囲を拡大したのも事実だ。 時間をかけて焼きだしたプリントには「美術品」のような抗しがたい魅力があるが、彷徨い続ける生命体のような写真にもリアルなものが感じられてならない。どちらも等しく写真の歓びなのだ。二つが両輪となって進むことで写真の世界はより豊かになるだろう。(「朝日新聞」2013年1月16日夕刊)