あけましておめでとうございます。今年の抱負は?

新しい年が幕をあけました。いかがお過ごしでしょうか。
だいぶ前から年賀状というものを止めてしまいましたが、いただいたみなさま、この場を借りてお礼をもうしあげます。ありがとうございました。

昨年のいまごろは単行本『ことばのポトラック』の編集作業中で、4月に無事刊行できるかとはらはらしながらやっていたのを思い出します。なんだか遠い出来事のように感じますけど。
それと平行して毎日新聞の連載もあって週1回文章と写真を提出、ときには手描きの地図も入れるので大忙し。東京の凸凹のことで頭がいっぱいでした。

7月にはその連載が『日和下駄とスニーカ』のタイトルで洋泉社から出版、そして暑い夏の到来。ほとんど仕事にならずに日本脱出。秋の声とともに『NY1980』のポートフォリオと写真展開催と写真集『NY1980』の刊行の作業がはじまりました。終わって一息ついたところで今度はパリ・ロンドン。パリはパリフォト、ロンドンはテートモダンの森山大道+ウイリアム・クライン展のためでしたが、これがなかなか新鮮な体験で、写真展や絵画展を見るためにもっと気軽に海外に出ようと思いました。

今年の初仕事となる単行本の作業に昨年末から入ってます。どんな本かはまたwebに書きますが、なかなか斬新な内容になりそうです。写真関係です。
そしてもちろんカタリココがあります。5月、7月、9月、11月に開催予定で、年末には店主のみなさんと忘年会をかねて企画会議をしました。3月にはラインナップの発表をおこないますのでご期待ください!
「ことばのポトラック」はいまのところ2回予定が決まってます。1回目は3月16日。「春に」と題して7、8名の表現者にご出演いただきます。6月にはTBS報道局の金平茂紀さんをゲストにお迎えして映像のイベントを。金平さんの情熱が飛沫となって散るでしょう!

今年は創作の時間をもっと増やしたいと思ってます。昨年は『IN THE CITY』(夏号)と『群像』(12月号)にひさびさに短編小説を書き、やっぱりこちらの路線も充実していきたいなと再確認しました。集中して書いて1冊まとめたいと思ってます。小説は意識して書こうとしないかぎりはなかなか書けないものですから、こうして公言して自分を追い込もうという算段です!