今月の「書評空間」は普後均の写真集『ON THE CIRCLE』です。

 サークル驚きの写真集です。どこが驚くべき点かは書評空間に書いたのでご覧いただくとして、写真を目指す人にとってこれほど勉強になる本はないでしょう。なぜか? 写真自体もすごいが、構成がすごい。写真の焼きがすごい。写真への考え方がすごい(というか深い)。写真でこれほどのことができるのかという驚き。以前、おなじ「書評空間」で取りあげた長島有里枝さんの『SWISS』と近い感触ですが、小説で言うなら大河小説という印象。写真的語彙の豊富さに瞠目します。写真との付き合いの長さ(つまりは生きてきた時間の長さ)を感じさせる名作です。(2012.7.31)