『群像』7月号の合評、出ました。

群像3回連載の最終回です。取りあげた作品は田中慎弥「夜蜘蛛」(「文学界」6月号)と、藤野可織「にゃあじゃわかんない」(「すばる」6月号)。筋書き係は関川夏央さん。はじめはどうなることかと思いつつ参加した合評会でしたが、ふだんは読まない作品に出会えたり、ほかの方の別の角度からの読み方に触れられたり、楽しくためになりました!(2012.6.8.)