盲目の女性に写真をとってもらう体験とは?

works5_1.jpgworks5_2.jpgworks5_3.jpgworks5_4.jpg写真は撮っても、見ても、語っても楽しい。そうある人が言いました。同感です。写真というメディアは人がつながっていけるベースをもっているのでしょう。
6月1日に写真家の尾崎大輔さんとプレースMでトークします。尾崎さんとは初対面。2冊の写真集は拝見してますが、ことばをかわすのははじめてです。
以前に岡田敦さんや北野兼さんとトークしたときにも感じたのですが、作品で知っているだけの作家と話すのはとてもスリリングな体験です。写真家が日々のなかでどうテーマを拾いだし、それを作品化していくのか、その過程がとても興味深いのです。
というわけで、尾崎さんとはじめてことばを交わすこの機会、彼の写真を知っている方も、知らない方もぜひどうぞ。「ミルグラム」という写真展が同時開催されます。わたしもまだ拝見してないので当日が楽しみ!(2012.5.26)