2012年のカタリココ

■5月9日(水)18時半開場/19時開演
ゲスト 祖父江慎(フラフィックデザイナー)
予約  4月9日(月) 13時開始 定員50名
会場  ボヘミアンズ・ギルド

「絵でも言葉でもないブックデザイン。小さなこだわりと奇抜な発想でブックデザインという世界の幅を広げ、その枠組みを軽々と乗り越えていった祖父江慎。その源は、作品に対する“うっとり力”だという。祖父江さんの“うっとり”は、一体どこからくるのだろう(KN)

祖父江慎(そぶえ しん)1959年愛知県生まれ。多摩美術大学グラフィック科在学中、工作舎でアルバイトをはじめ、その後多摩美を中退。1988年からフリーで活動をはじめ、1990年にコズフィッシュを設立。1996年にさくらももこ「神のちから」で日本書籍出版協会理事長賞を受賞。1997年には、杉浦茂「杉浦茂マンガ館」で講談社文化賞ブックデザイン部門受賞。また、2003年には「ミステリーランド」シリーズで、第38回造本装丁コンクール展・文部科学大臣賞受賞。小説からコミックスまで、幅広いジャンルのブックデザインを手掛ける。

----------------------------------------------------------------------------------------
■7月14日(土) 18時半開場/19時開演
ゲスト 片岡義男(作家) 
予約  6月14日(木) 13時開始 定員50名
会場  古書ほうろう


「出会いは、中学生の頃買った赤い背表紙の角川文庫。以来、ぼくの興味の赴く先にはいつも片岡さんがいました。たとえば植草甚一、広瀬正、安田南。あるいはモノとしての本や東京の街。今回の大竹さんとの対談では、そんな汲めども尽きぬ片岡さんの新たな魅力に触れられるのではと期待してます」(KM)

片岡 義男(かたおか よしお)
1940年、東京生まれ。早稲田大学在学中、「マンハント」にてコラムの執筆や翻訳をはじめる。「宝島」編集長を経て、1975年『スローなブギにしてくれ』で野性時代新人文学賞受賞。代表作に『ぼくはプレスリーが大好き』『ラハイナまで来た理由』『日本語の外へ』、近著に『木曜日を左に曲がる』(左右社)『僕らのヒットパレード』(国書刊行会/小西康陽との共著)がある。近年は東京を題材とした写真集も多い。餃子好き。

----------------------------------------------------------------------------------------
■9月30日(日) 16時半開場/17時開演
番外編「読書会」
ゲスト 平田俊子(詩人)
予約  8月30日(木) 12時開始 定員30名
会場  ブックギャラリー・ポポタム

「今年のポポタムは趣向を変えて、番外編の「カタリココ読書会」。ゲストとホストがそれぞれ小説作品を選んで討論します。ゲストは昨年のカタリココで大竹さんと見事なかけ合いを披露してくださった作家・詩人の平田俊子さん。お題は、室生犀星『蜜のあわれ』(講談社文芸文庫)です。ホストの大竹さんからは、アニー・エルノー『シンプルな情熱』(ハヤカワepi文庫)を。ともにやわらかな語り口のお二人が、研ぎすまされた言葉でエロスあふれる二つの作品をどのように語ってくれるのでしょう。もう、いまからドキドキしています」(大林えりこ)

平田俊子(ひらた としこ)
1955年島根県生まれ。現代詩新人賞受賞後、1984年詩集『ラッキョウの恩返し』(思潮社)を上梓。『ターミナル』(1998年晩翠賞受賞/思潮社)、『詩七日』(2004年萩原朔太郎賞受賞/思潮社)、『宝物』(書肆山田)など詩を中心に、戯曲・小説・随筆も発表。2005年に小説『二人乗り』(講談社)で野間文芸新人賞受賞。『スロープ』『殴られた話』(ともに講談社)『私の赤くて柔らかな部分』(角川書店)、『きのうの雫』(平凡社)など著書多数。月刊誌『なごみ』(淡交社)にエッセイ「気がかりな町」を連載中。

---------------------------------------------------------------------------------------
■12月8日(土) 18時半開場/19時開演
ゲスト 鬼海弘雄(写真家)
予約  11月8日(木) 13時開始 定員40名
会場  茅場町の貸会議室 (森岡書店ではありません、お申し込み時にお知らせいたします)
森岡書店にて同時開催:鬼海弘雄写真展 12月3日(月)ー15日(土) 日曜休

「鬼海弘雄さんは昨年、東京都写真美術館において、浅草に集う人々のポートレイト「PERSONA」と「東京」の街のポートレイト「東京迷路」「東京夢譚」から約200点の作品を一同に展示しました。「東京」を写すことは鬼海弘雄さんのライフワークといえます。一方、大竹昭子さんは文筆家として「東京」を舞台にした「図鑑少年」「ソキョートーキョー」を著しています。また写真も撮られて、今秋には「東京」の街を写した写真展を行います。鬼海弘雄さんと大竹昭子さんが対面するのは、今回が初。それぞれの視点から見た「東京」のイメージとは。森岡書店で同時開催する鬼海弘雄写真展も是非あわせてご覧ください」(YM)

鬼海弘雄(きかいひろお)
1945年山形県生まれ。法政大学文学部哲学学科卒業後、トラック運転手、マグロ漁船乗組員など様々な職業を経験。ダイアン・アーバスの写真と出会い、衝撃を受け写真家に。その後、浅草の人々のポートレイトを40年以上撮り続けている他、インディア、アナトリアでの撮影もライフワークのひとつとなっている。写真集に、『王たちの肖像-浅草寺境内』『INDIA』『PERSONA』『アナトリア』など多数。

料金は全回共通1500円です。