「レンズ通り午前零時」の最終回をアップ!

80年代はじめ、ニューヨークの地下鉄駅構内に、赤ちゃんがはいはいしている「落書き」が忽然と現れました。あるとき、イーストビレッジの薄暗いアパートの一室で、その絵を描いた本人と遭遇。まだ無名だったキース・へリング本人でした……。
今年秋の写真展にむけて昨年1月にスタートした連載、今回で最終回をむかえます。ご購読をありがとうございました。10月に展覧会でお会いしましょう!→ギャラリーときの忘れもの