『読むとだれかに語りたくなる』がらみのあれこれ

次の日曜日〔15日)に東京FMの「トランスワールド・ミュージック・ウェイズ」で『読むとだれかに語りたくなる』のインタビューが放送されます。「大竹昭子の読書術」というタイトル。「術」と言えるほどのものはないですけど、わたしにとって読書はどういう体験なのか、というようなことをお話したように思います(12月に録ったので記憶が曖昧……)。昨年毎月のように足を運んだサラヴァ東京で収録しました。放送時間は朝5時、と聞くとめげるかもしれませんが、早朝型の方はぜひどうぞ。
また現在発売中の『クロワッサン』では著者インタビューのコーナーで取材を受けました。ぜんたいテーマは「学ぶ」。わたしは学校は嫌いですけど、学ぶのは嫌いじゃないかもしれない。本からもいろんなことを学んでます。知識ではなく、考えるヒントを。(2012.1.12)