小石川植物園がこんなにすばらしいなんて!

?°????????????????JPG_convert_20111224184216昨日は寒すぎて歩く気になれず、6月にとなりから移って以来、手付かずになっていた仕事部屋の片づけに時間を費やしたが、今日は暖かいので街歩きをした。このところ何回かつづけて小石川を歩いている。「日和下駄とスニーカー」でいよいよこの界隈を取りあげようと思っているのだ。言わずと知れた荷風の生誕地。「伝通院」や「狐」に描かれている。
伝通院には2回つづけて行ったので今日は千川通りを渡って小石川植物園へ。前回訪れたのはだいぶ前だ。お稲荷さんの狐を探訪していたころ、植物園のなかにお稲荷さんがあるのを知って出かけた。十数年はたつだろう。
今日、小石川植物園に行こう思ったのは、荷風のこともあるが、伊藤礼氏の『大東京ぐるぐる自転車』の影響も大きい。そのなかにここの地形の話がでてくるのである。伊藤氏の著作は自転車ものしか読んでないが、これぞ読書の愉悦。ページが減っていくのが惜しくてたまらない、めったに出会わない私好みの文章なのである。
閉園1時間前だったので園内はがらがらだった。いや、いつもそうなのかもしれない。木々のむこうにときおりぽつんと現れる程度で人影は薄く、その代わりに植物のさざめきが圧倒している。すばらしい。こんなところだったら、もっと早く来ればよかった。わが四谷には新宿御苑がある。たぶん同じくらいの広さだが、どちらかをあげると言われたらこちらを所望しよう。植物が種類ごとにまとまっているのがおもしろい。野趣がたっぷりで散策路などに手をかけすぎてないのがいい。もちろん伊藤氏も指摘するように地形も魅力的。また来よう。(2011.12.24)