「レンズ通り午前零時」第12回目が掲載されました!

「ミートパッキング・エリア(精肉地域)」という当時の名前のまま、いまはファッショナブルに生まれ変わったニューヨークのハドソン川沿い。路面の崩落によって閉鎖されたウエストサイド・ハイウェイの姿に惹かれてよく歩いた。廃虚や残骸に心が動いてしまう傾向はまちがいなくあの時期のあの街でつくられたといまになってわかる→レンズ通り午前零時(2011.12.18)