写真家の畠山直哉さんをお迎えする第7回「ことばのポトラック」の予約を開始します。

前にこの欄でもご紹介したように、昨年10月に2回つづけて行った畠山直哉さんとのトークがとてもおもしろく、3回目を考えたとき、「ことばのポトラック」でそれをおこないたいと思いました。
ご覧になった方はご存知だと思いますが、写真美術館の「ナチュラル・ストーリーズ」展に、彼は故郷の陸前高田の震災前と震災後の写真を展示するコーナーを作りました。発表にあたっては、当初は迷いがあったそうです。がしかし、最終的に彼は展示するほうを取り、実行しました。これまでの作品スタイルとちがうゆえに批判がでること、戸惑う人のいることを承知の上であえてそれをおこなったのは、この特別な機会に自分を差し出してみたい、ひとつのケースとしてぼくを使ってくださいという気持ちなのだったと、『美術手帖』(2011年12月号)や『芸術新潮』(2011年11月号)のインタビューで述べました。「観客は残酷なものだから、いろいろな意見が出るだろうが、それに対してすべてを受け答える準備があります」とも。
それほどの覚悟をもっておこなわれた「ナチュラル・ストーリーズ」が終わったいま、彼が何を感じ考えているのかに興味があります。あの写真展について畠山さんに直接質問したい方もいるでしょうから、フロアーからの質問や意見もどんどん受け付けます。「私を使ってください」と自らを差し出した畠山さんの意思に、参加者とともに全力で応える場にしたいと思います。みなさまのご参加をお待ちしています。

終了しました

ことばのポトラック vol.7
スライドショー&トーク「ふるさとと写真」
出演:畠山直哉×大竹昭子(トーク)
   管啓次郎(特別ゲスト・詩唱)

日時:2012年1月21日(土)13時~
場所:サラヴァ東京
料金:2000円(ワンドリンク付き)
予約開始:12月12日(月)
     サラヴァ東京 HP上の予約フォーム
     電話 03-6427-8886