インテリゲンツィアがやってくる!

『群像』12月号に書いたエッセイのタイトルは「インテリゲンツィアがやってくる!」
チェコ生まれのイワナさんは「プラハの春」のときに決死の覚悟で国を脱出します。どうやって? スパイ映画のような話。