ABC本店で『彼らが写真を……』フェア中!

+ABC?????§????_convert_20110701202512
『彼らが写真を手にした切実さ』(平凡社)では森山大道にはじまる10人の写真家の仕事をとおして、<日本写真>の特徴を考えてみました。欧米の作家となにかがちがう。欧米寄りに見えるホンマタカシですら、ちがう感じがする。それは何なのかを探ってみたかったのです。フェアではそれぞれの写真集からこれと思う1冊を選びだし、コメントしました。新刊書店ですから絶版本ではだめで、いま生きている本から選んでみました。以下が取りあげた本です。どんなコメントが書かれているかはABC本店へどうぞ!(2011.7.1)

森山大道『NORTHERN 3』
荒木経惟『アラーキー・バイ・アラーキー〈ARAKI by ARAKI〉』
篠山紀信『元気な時代、それは山口百恵です』 
中平卓馬『Documentary』
左内正史『Trouble in Mind』
藤代冥砂『もう、家に帰ろう』
長島有里枝『SWISS』
蜷川実花『ノワール』
大橋仁『目のまえのつづき』
ホンマタカシ『Trails』