放射能にめげずに東京を歩こう!という人、集合!

次の日曜4月3日に、青山ブックセンターで「東京をフィールドワークする」というブックフェアにあわせてトークショーがおこなわれます。出演者は、ランドスケープ・アーキテクトの石川初さん、東京の隅々を知り抜いている都築響一さん、そして私の3人。地震前に決まっていたイベントですが、こうなったいまでは地震がなかったかのごとくには話せないので、スタートは地震体験。そこから東京の地形に展開します。
今回の震災でだれもが地形に関心を高めていることと思いますが、書店のある青山はどんなかたちの台地に乗っているのか、その先の渋谷駅周辺の谷間はどうなっているかなど、知っているようでいてわかっていないことが多いですよね。画像を見ながら青山界隈を散策します。
それとかねてより興味を持っているのは、東京を東と西、南と北というように区分けした場合、ずいぶん街の表情も、店のたたずまいも、住んでいる人の雰囲気もちがうなあ、ということです。このあたりのこともぜひ語り合いたいです。都築さんが「その話しなら任しておけ!」と言ってます。
折しもこの日から1年間、毎日新聞日曜版で東京の地形を歩く「日和下駄とスニーカー」という連載を、写真とへたくそな地図付きではじめます。最初は気になっていた放射能ですが、いまはもう歩けるかぎりは歩きまくって東京の起伏を足の裏に刻みつけよう、という気構えですので、同感!という方、ぜひご参加ください。


2011年4月3日(日)午後6時~7時半
青山ブックセンター本店