この夏は『野生の探偵たち 』になろう。

文学界前にこのページで取り上げたロベルト・ボラーニョの『野生の探偵たち』。現在発売中の『文學界』8月号に書評を書きました。登場人物が100名以上にのぼると聞くと、ためらうかもしれませんが、短編小説がたくさん入っていると思えばいいんです。白水社のサイトに登場人物一覧表がでているので、それをプリントアウトし、手元におきつつ読むのがオススメ。一度ざっと読み通して、今度はそのリストの人物を逆引しながら再読すると楽しいですよ。夏休みの読書にうってつけです!(2010.7.12)