大竹昭子のカタリココ

朗読イベント〈カタリココ〉&トークイベントのお知らせと「日々雑記」

おしらせ&雑記

『遠野物語』の世界に直結!名久井直子さんとのカタリココ、6.22@ポポタム

IMG_4801.jpeg名久井直子さんの装幀の印象として、だれもが挙げるのは「愛らしさ」「かわいらしさ」ではないかと思いますが、名久井さんのなかには、それとは異なる力が潜んでいるような気がし、期待を込めて『間取りと妄想』の装幀をお願いしたところ、本をご覧になってのとおり、青焼き写真を応用した実に斬新なものが出来あがりました。きっとジャケ買いした方もいたのではないでしょうか。
岩手の旧家の、鴨居に祖先の写真がずらりと並んでいる部屋で、家にある唯一の書物である電話帳と冠婚葬祭のしきたりの本を遊び道具に、保育園にも幼稚園にも行かず、ときにNHKテレビを見ながら、寝たきりのおばあさんと過ごす、というかなり特異な育ち方をしたそうです。幼稚園に行かなかったのは、面接のとき、まわりの子供たちが粗暴なのに驚き、「行きたくないです」と母親に耳打ちすると、「なら、行かなくていいです」と言われたからで、このときのお母さんの英断がすごい!と思いました。本来もっているものが、鋳型にはめられることなく、自由に伸びていったことが、その後にかなり影響したはずです。
高校では理数系に進み、将来は数学者になろうと思ったほど、論理的な思考に惹かれた、というのも、納得でした。本をデザインするには、本の形やイメージだけではなく、紙などの資材や印刷方法や価格などを、総合的に考え、判断を下す必要があります。それができてはじめてさまざまなバリエーションに対処できるわけで、名久井さんの現在の仕事の広がりには、その数学的論理性が大きく作用しているのを感じますし、しかも読書家で内容への理解も深いとなれば、無敵です!
「設計」は英語だと「デザイン」ですが、あたかも、建物を設計するように、本の要素を組み立ててひとつの「建物」にするおもしろさ。名久井さんをここまで引っぱってきたのは、それなのでしょう。彼女以前にも女性のブックデザイナーはいましたが、このように総合的に本の造りを考えて、設計しはじめたのは名久井さんの世代からで、プロ意識のレベルが徹底しています。
IMG_4806.jpeg←(会場のポポタムにて)
子供のときに寝ていた部屋に先祖の肖像画があったことは書きましたが、その最初期の人はちょんまげをゆっていて、写真ではなく、絵だった、という話に惹かれました。写真のなかの人は視線が決まっているけれど、絵のなかの人はそうではなくて、自分が部屋のどこにいてもその視線で見つめられ、怖かった、と。
写真が一般化する以前に、ホンモノそっくりのモノクロの絵を遺影として飾ることがよくあり、岩手はとくにそれが盛んで、わたしも遠野の寺に奉納されてあるのを見たことがあります。話をうかがっていて、『遠野物語』の世界が名久井さんの世界と一気につながったような、不思議な気持ちになりました!(2017.6.30)
 

森山大道さんと内田美紗さんをゲストに、写真とことばの関係を探りました。

内田美紗さんにお会いしたきっかけをお話し、「森山大道さんのお姉様です」とご紹介すると、会場にどよめきが起きました! この事実はほとんど知られていませんが、大道さんの写真と美紗さんの句をあわせて『鉄砲百合の射程距離』(月曜社)をつくったポイントはその事実を知らせることではないので、本のなかでは隠したものの、こうしておふたりが並んだからには公表しないわけにはいきません!
katarikoko_-29_convert_20170429163940.jpgkatarikoko_-19_convert_20170429164154.jpgまず本の感想を伺ったところ、森山さんのセリフがふるっていました。「姉のほうがヤクザだなあ。ボクは写真の世界ではちょっとはヤクザかもしれないけど、姉のほうが上手。見知らぬ人がここにいるという感じがする」。
そもそも、その人のふだん見えない部分が表れ出るのが表現行為のおもしろさです。その度合いが高いほどすぐれた作品です。一方、知らないのに知っているような気になってしまうのが兄弟関係。本書に接した森山さんの驚きは両方の相乗効果だったのでしょう。
冬苺
おふたりに共通するものに官能性があります。俳句と写真のセレクト作業をしながらそれを強く感じました。色っぽさ、人間のあやうさ、いやらしさに目を留めるところ、ぷるぷると震えるような瞬間を見逃さないところが似ているのです。ですから、本書ではその部分を強調しました。美紗さん曰く、「セクシーであることは大事です、男でも女でもそう。フランスの作家が、異性から興味をもたれなかったらその人は終わる、と言ってますけど、そう思うんです」。
katarikoko_-2_convert_20170429163528.jpg
私のなかにつねにあるのは、「表現とは何か」という問いかけで、話はおのずとその方向に進んでいきました。
「表現っていうのは基本的にあざといものだと思うんです」(美紗)
「そうだね、隠しても隠して見えてしまう」(大道)
つまり、表現者になったからにはあざとさから逃げられない、自分のあざとさを自覚しつつ、それに流されずにどう緊張感を維持するかが勝負のしどころなのですね。

改めて、表現とはその人が世界をどう認識しているかを表明する行為なのだと感じました。人生のあれやこれやの出来事や、それにまつわる感想や情感を伝えるものではない、それではお話の域を出ず作品には昇華しません。日々を生きながら実感していることを人間の事象として普遍化させる作業なのです。MisaDaido_cover_obi_W640-min_convert_20170430115854.png「内田美紗」という特異な才能を、結社の周辺で事が進んでいく俳句界に留めておくのはもったいない、トークをしながらつくづくそう思いました。彼女の作品がジャンルの境界を超えて多くの読者に届くよう、その活動の場が広がるよう微力ながら努めていくつもりです。

5月7日まで森岡書店銀座店にて、美紗さん、大道さん、わたしのサインがはいった『鉄砲百合の射程距離』を販売しています。この本に登場する森山さんの写真展も同時開催。大道さんの写真もお手頃な価格で買い求められますので、ぜひお立ち寄りください。一般書店での販売は連休明けからになります。撮影:谷本恵(2017.4.30)

たけなみゆうこさんのイラスト『間取りと妄想』展は6月20日からです!

card1_convert_20170614175605.jpg
card2_convert_20170614175636.jpg短編集『間取りと妄想』を完成するのに欠かせなかったのは、たけなみゆうこさんの尽力です。たけなみさんとお仕事したのは、雑誌の連載にイラストをお願いしたのがはじまりでした。「かわいい」「ほっこりした」と形容されるイラストが苦手なわたしは、頓知の利いたどこかシュールな趣のあるたけなみさんのイラストに共感を覚えました。

『間取りと妄想』の企画がもちあがったときも、ですから、すぐにたけなみさんを思い浮かべたのです。間取りの原案は私が描きますが、それを見映えのするイラストに仕上げるにはプロの手を借りならず、建築家のバックグラウンドをもつ彼女ほど、その役にふさわしい人はいないと思えたのでした。

実際、お願いして大正解でした。この長さの階段では二階まで上がれませんとか、小屋ふうならシャワー室で充分では?とか、専門家ならではの提案していただき、ただの妄想を超えて「ちゃんと建つ家」を登場させることができました。

今回のたけなみさんの初個展では、『間取りと妄想』のなかの一軒を模型にして見せるほか、内・外や陰・陽から着想した、ちょっと時空のゆがんだような奇妙なイラストがたくさん展示されます。あるようでないような世界に、脳の片隅が刺激されてチリチリするような感覚が味わえることでしょう!

20日のオープニングでは、『間取りと妄想』のなかの一編をわたしが朗読します。6時半くらいからで、予約不要ですので、どうぞお気軽にお越しください。(2017.6.15)

2017年6月20日(火)〜25日(日)13:00〜20:00
森岡書店銀座店 中央区銀座1-28-15 鈴木ビル1階 電話03-3535-5020
詳細はこちら→http://kotomomo.com/yuko/?p=299

6月の迷走写真館はこの写真です!


3389b666-s.jpg写真を見てまず目に飛び込んできたのは、腰の曲がった老人、つぎにその人影の上にあるマークという順番でした。白昼のガソリンスタンドのまぶしいほどの明るさに、時代が出ています。決定的瞬間ふうの写真ではないですが、まさにこの一瞬が感じられてなりません。ギャラリーときの忘れもの

つぎのカタリココのゲストは名久井直子さんです!

『間取りと妄想』の装幀をしてくださった名久井直子さんに登壇いただきます。名久井さんのお仕事は幅が広いものの、こうした建築寄りの装幀は見たことがないように思い、お願いしました。未知のものに挑戦していただくと、その人の本当の力に触れられるのでスリリングですが、その予想を裏切らない見事な出来映えでした。青焼き図面の記憶がたちあがってくるようなジャケット、巻かれた帯にもため息がでます。
こんなにいい仕事をしていただくと、トークへの期待は高まります!残席は5席くらいだそうですので、ご興味のある方はお急ぎください。

◎6月22日(木)19時開場、19時半開演
 会場:ブックギャラリーポポタム(目白)
 料金:1500円
 予約はポポタム