大竹昭子のカタリココ

朗読イベント〈カタリココ〉&トークイベントのお知らせと「日々雑記」

おしらせ&雑記

短編集『間取りと妄想』が書店に並びはじめました!

FullSizeRender_convert_20170531191514.jpg
間取り図をつくり、そこから13の短篇を妄想する、とまさに『間取りと妄想』というタイトルのどおりの短編集です。
 ちいさいときから間取りを見たり、描いたり、街を歩きながら人の家のなかを想像したり、知り合いの住まいを見せてもらったりするのが大好きで、だから子供のときの夢は「建築家!」でしたが、算数ができないとダメだとわかってあえなく断念しました。その無念な思いを晴らしたいという気持ちがどこかにあったのか、間取りの物語はいつか書いてみたいと思っていたテーマのひとつでした。

「マドリスト」なんて言葉もあるくらい、世間に間取り好きは多く、しかも彼らの楽しみは間取りからいろんなことを妄想することであるのは、「間取り」と「妄想」と入れてインターネットで検索すると驚くほどたくさんヒットすることからもわかります。

もしかしてこれは日本的な傾向かもしれない、と最近ふと思い当たりました。
日本の狭い住環境のもとでは、思いもしない奇想天外な間取りが生まれ、またそのなかでの暮らしぶりも外観からは想像がつかないことが多いです。
同じことは、わたしたちの行動にもいえ、内と外という概念に規定されて、人の外側にあらわれる表情や態度などが、心のなかで感じ思っていることとちぐはぐになるということがよく起きます。つまり、間取りは人間の内面、人体の内側、意識世界、見えない領域などのアレゴリーでもあるわけで、そんなことがマドリストが多いことと関係があるのかもしれません。

間取りが示唆するそうした要素を、あたまのなかでころがしながらつむいだ13の物語。
付録に間取り図リストをつけたので、読みながら参照すると間取りをイメージしやすいですし、またこれを手がかりに妄想力を全開にしてそれぞれの物語に浸ってみるのもいいでしょう。
装幀は名久井直子さん、イラストはたけなみゆうこさん。青焼きのような表紙が内容とぴったりマッチし、うっとり見入ってしまうようなすばらしい仕上がりです!(2017.5.31)

5月26日に荻窪Titleでトークをします!

俳句と写真は似ている、と言われるけれど、また「俳句写真集」なるものもたくさん出ているけれど、なんかピリッとしないんです。夕暮れの句に夕暮れの写真とか、桜の句に桜の写真とか! 

5月26日に荻窪Titleにて、「写真とことばの編集術」をおこないます。どうやって『鉄砲百合の射程距離』をつくったか、編集段階で落としたものもお見せしたりしたり、他の写真に句をあてはめたりして、両者にふさわしい距離を見つけ出します。

さらには、ほかの写真家(例えばアラーキー)と美紗さんの句を合わせてみるとか!
大道さんの写真に、芭蕉の句を合わせるとか!
なんてこともしてみたいと思います。

写真とことばの関係は、アタマで考えるよりも、具体的な例を前に考えたほうがずっとおもしろいし、経験値も上がる、といは自著のなかに写真を入れたり(『図鑑少年』)、一枚の写真をことばにしてみたり(『この写真がすごい』)、写真とことばの関係について試行錯誤をつづけてきたわたしの実感です。

写真集のタイトルに悩んでいるひと、俳句に写真をつけたいと思っているひと、エッセイと写真をいっしょにした本をつくりたいひと、写真集にキャプションとはちがう文章を入れたいと思っているひと。どうぞご参加ください!→Title