大竹昭子のカタリココ

朗読イベント〈カタリココ〉&トークイベントのお知らせと「日々雑記」

おしらせ&雑記

荒木経惟さんをお迎えしての、2016年6月2日のカタリココのご報告。

007_convert_20160622102843.jpg004_convert_20160622102922.jpg017_convert_20160622102941.jpg「遅れると心配すると思ってさ!」
会場の神保町ファインアーツにアラキさんが現れたのは開演の30分も前の6時半のこと。こんなに早く来てくださったゲストは初めてで、恐縮するとともにアラキさんの心遣いに感激。数日前、『センチメンタルの旅』のコンタクトシート展でお会いしたときも、「なにを話せばいいの?」と気にしてらしたので、「私の質問に答えてくださればいいんです!」とご返事したのですが、実際にトークがはじまるとアラキさんの独壇場。つぎつぎと話題が飛び出し、会場は爆笑の渦に! 
とはいえ、『センチメンタルな旅』についてこれだけは訊きたいと思っていたことは伺えました。新婚旅行の旅程を立てたのは陽子さんで、アラキさんは言われるままに従っただけとのこと。つまり京都のあと、陸路ではなく神戸から船で九州に渡り柳川に行ったのは、陽子さんの選択だったのです。写真集の後半はその柳川のシーンで埋められ、一つの山場を成していますが、その下地は陽子さんのなかにあった水の旅のイメージだったのがわかりました。
宿泊したのは柳川藩主立花家の屋敷跡の旅館。広い庭があって、書院作りの屋敷と洋館がたっていて、でも客は彼らだけで、どこを歩いてもだれにも会わない。そこで成り行きで陽子さんのヌードを撮影、となった次第。
持参したカメラはニコンFで、レンズは20ミリ一本、というのにも驚きました。「だから顔がひん曲がったりしてんだろ?」。広角ですから、寄りで撮ると顔が横にひっぱられて歪むんですね。それがなんともシュールな味わいをかもしだしてますし、またどの写真にも遠さが感じられるのも広角レンズのためでしょう。つまり、シュールで遠い感覚の写真にしたい、という目論みのもとにこのレンズを持参したのです。
アラキさんの場合、なにを撮るかは出たとこ勝負ですが、カメラとレンズの選択は厳密になされます。それは世界との距離と関係はカメラアイに決定されるからです。ちなみに、彼は撮った写真はすべて使用機種ごとにファイルしているそうで、この話もアラキさんがカメラという「眼」にどれほど意識的かを物語っているでしょう。
今回、『センチメンタルな旅』をコンタクトも含めてじっくりと眺めて改めて、視線が老成していることに驚かされました。31歳の人が撮ったとはとても思えません!この若さでこういう写真を撮る人は、この先どうなってしまうんだろう!? と思うほど、世界に向ける眼差しに熱狂がないのです。かつてインタビューで「汗はかくけど熱しない」と語ってくれたことが印象に残ってますが、まさにそのとおりのことがデビュー写真集には出ています。
この老成した眼差しと、少年のようなやんちゃな視線という二極のあいだを写真で往還しつづけている人。それが私の思い描く「荒木経惟像」です。その振幅の大きさにこそ、彼のエネルギーの源泉があるのではないでしょうか。
アラキさんの写真を探る旅はこれからもつづく予定で、今週末にはパリのギメ東洋美術館で開催中の彼の写真展に取材にいってきます。またどこかでそのご報告ができると思いますので、楽しみにお待ちください!(2016.6.22)

*3番目の写真は『センチメンタルな旅』のページを開いてアラキさんが説明をしているところ。「向かって右の写真はタテ位置で撮ったものを横にしたみたいに見えるけど、そうではないんだ!」。陽子さんの膝枕の上から寝転んで撮ったヨコ位置写真なのです!(会場写真の撮影はサカタトモヤさん)

お待たせいたしました!6月2日、荒木経惟さんのカタリココのご報告です。

007_convert_20160622102843.jpg004_convert_20160622102922.jpg017_convert_20160622102941.jpg「遅れると心配すると思ってさ!」
会場の神保町ファインアーツにアラキさんが現れたのは開演の30分も前の6時半のこと。こんなに早く来てくださったゲストは初めてで、恐縮するとともにアラキさんの心遣いに感激。数日前、『センチメンタルの旅』のコンタクトシート展でお会いしたときも、「なにを話せばいいの?」と気にしてらしたので、「私の質問に答えてくださればいいんです!」とご返事したのですが、実際にトークがはじまるとアラキさんの独壇場。つぎつぎと話題が飛び出し、会場は爆笑の渦に! 
とはいえ、『センチメンタルな旅』についてこれだけは訊きたいと思っていたことは伺えました。新婚旅行の旅程を立てたのは陽子さんで、アラキさんは言われるままに従っただけとのこと。つまり京都のあと、陸路ではなく神戸から船で九州に渡り柳川に行ったのは、陽子さんの選択だったのです。写真集の後半はその柳川のシーンで埋められ、一つの山場を成していますが、その下地は陽子さんのなかにあった水の旅のイメージだったのがわかりました。
宿泊したのは柳川藩主立花家の屋敷跡の旅館。広い庭があって、書院作りの屋敷と洋館がたっていて、でも客は彼らだけで、どこを歩いてもだれにも会わない。そこで成り行きで陽子さんのヌードを撮影、となった次第。
持参したカメラはニコンFで、レンズは20ミリ一本、というのにも驚きました。「だから顔がひん曲がったりしてんだろ?」。広角ですから、寄りで撮ると顔が横にひっぱられて歪むんですね。それがなんともシュールな味わいをかもしだしてますし、またどの写真にも遠さが感じられるのも広角レンズのためでしょう。つまり、シュールで遠い感覚の写真にしたい、という目論みのもとにこのレンズを持参したのです。
アラキさんの場合、なにを撮るかは出たとこ勝負ですが、カメラとレンズの選択は厳密になされます。それは世界との距離と関係はカメラアイに決定されるからです。ちなみに、彼は撮った写真はすべて使用機種ごとにファイルしているそうで、この話もアラキさんがカメラという「眼」にどれほど意識的かを物語っているでしょう。
今回、『センチメンタルな旅』をコンタクトも含めてじっくりと眺めて改めて、視線が老成していることに驚かされました。31歳の人が撮ったとはとても思えません!この若さでこういう写真を撮る人は、この先どうなってしまうんだろう!? と思うほど、世界に向ける眼差しに熱狂がないのです。かつてインタビューで「汗はかくけど熱しない」と語ってくれたことが印象に残ってますが、まさにそのとおりのことがデビュー写真集には出ています。
この老成した眼差しと、少年のようなやんちゃな視線という二極のあいだを写真で往還しつづけている人。それが私の思い描く「荒木経惟像」です。その振幅の大きさにこそ、彼のエネルギーの源泉があるのではないでしょうか。
アラキさんの写真を探る旅はこれからもつづく予定で、今週末にはパリのギメ東洋美術館で開催中の彼の写真展に取材にいってきます。またどこかでそのご報告ができると思いますので、楽しみにお待ちください!(2016.6.22)

*3番目の写真は『センチメンタルな旅』のページを開いてアラキさんが説明をしているところ。「向かって右の写真はタテ位置で撮ったものを横にしたみたいに見えるけど、そうではないんだ!」。陽子さんの膝枕の上から寝転んで撮ったヨコ位置写真なのです!(会場写真の撮影はサカタトモヤさん)

第13回「ことばのポトラック」のご報告です!

東日本大震災から5年目にあたる2016年5月29日、渋谷サラヴァ東京で「ことばのポトラック」第13回をおこないました。いやあ、今年もすごかったです。出演者と参加者がともにつくり上げていく場の力を実感いたしました!大感激。
司会は堀江敏幸さんと私、大竹昭子がつとめましたが、私が質問したゲストのお答えに、堀江さんが意義深いコメントをする、という役割分担が自然にできてきたように思います。
まず、昨年の内容を15分ほどの長さに編集した「ことばのポトラック ダイジェスト」(大川景子さん作)を上映。昨年のことを思い出すうちに、同じ会場で、今年の回が幕を開けました!
014_convert_20160603162006.jpgトップバッターは著書『かなわない』が大きな話題となった写真家の植本一子さん。「Chim↑Pomの卯城さんに対抗するにはこれしかない、と思って!」と手作りのパネルに顔をはめてのご登場!
大震災直後の体験について伺うと、「毎日、お天気雨が降って、風が強かった」と話され、それについて堀江さんが「これまでいろんな方にこの質問をしてきましたが、こういうことを言ってくださったのは植本さんがはじめてです」と反応。たしかに、そうだったなと、あの頃の空模様がよみがえりました。朗読コーナーで読んでくれたのは、最近亡くなった義弟のことを書いた「彼が残したもの」という散文詩です。植本さんが今後も文章を書き続けてくれることを願わずにはいられません。
030_convert_20160603162628.jpgつぎは堀江さん。「ポトラック」では司会者も書下しを朗読することになっていて、昨年はその朝に起きて書いたというエッセイを読んでくれました。「今年もそうなってしまった」そうですが、持ち寄ったのはエッセイではなく、詩でした。彼は以前、「象が踏んでも壊れない」というキャッチフレーズで売り出した筆入れの記憶から連想した「象が踏んでも」という詩を書いていますが、その詩のつづきを用意してきてくれ、ふたつをつづけて朗読して聞かせてくれました。
039_convert_20160603162052.jpg休憩を挟んで後半はChim↑Pomの卯城竜太さん。登場するなり「いつも出ているアート系のイベントと雰囲気がちがって緊張してます!」。この緊張感がポトラックの良さなんですね。ジャンルのちがう人々が「ことば」をキーワードに集まることのおもしろさ。彼は大震災後に南相馬の若者とつくった「気合い100連発」という映像作品を上映しました。ひとりひとりが思い浮かべた100の言葉を円陣を組んで叫ぶシーンに、被災現場の映像を併置させたもので、若者たちの声の力が会場を埋め尽くしました。「ポトラック」は、ことばを声にして発して大震災後の体の萎縮を解こうという思いではじめたものですが、Chim↑Pomがおなじことを、原発の被害を強く受けた現場で被災した若者とともにおこなっていたことに、圧倒されました。
053_convert_20160603162132.jpgつぎは宮沢章夫さん。彼からはその日の朝3時にメールが入ってました。いま仕事が終わり、これから朗読するものを書くので、遅れます、と。彼がヨロヨロした足取りで会場に到着したのは1部がはじまってからでした。そのお姿を見て、ああ、申し訳ない!という恐縮してしまったのですが、朗読は疲れを感じさせない力強いものでした。いつも気付いたことをiPhoneにメモしているので、今日は原稿をiPhoneに書いてきた、と言って、それを見ながら読んでくれたのです。「ふつうの声で話したい。いい声でなくたっていい。いい声っていったいなんだ?」ということばがリフレーンのようにつづくテキストが、卯城さんの映像作品と呼応しあい、会場が熱を帯びていくのを感じました!
060_convert_20160603162149.jpg残るは私の朗読です。この場をちょっと別の空間に移動させたいという思いから、これまでショートストーリーを書いてきましたが、今回もそうしました。
タイトルは「真夜中の止まり木」。だれも客のこないバーで、店主がひとつの賭けをしながら客を待っている、という話です。「ことばのポトラック」でいつも苦心するのは、一言では説明しにくいこのイベントにお客さんに来ていただくことで、その困難な状況下から生まれた作品です。
066_convert_20160603162208.jpg5人の朗読が終わったところで「本のポトラック」のはじまりです。テーブルと販売用の本をステージに運んで、出演者にご自身の著書と推薦本についてコメントしてもらい、そのままそこを売店にしました! 新刊も含んだ全書籍を3割引の税金なしという好条件だったので、みなさん何冊も買ってくれました! 本が勢いよく売れていく場を目にするのは、本当に力づけられます。販売を担当してくれた、坂井聖美さん、岡部安曇さん、窪木竜也さん、ありがとうございました。
070_convert_20160603163153.jpg毎回収益から経費を差し引いたものを寄付金に充てていますが、今年は8万円を「熊本文学隊」にお送りしました。これは詩人の伊藤比呂美さんの呼びかけてはじまったもので、毎秋、石牟礼道子さんの文学を読み継いでいく「石牟礼大学」を開催しています。参加者からの寄付でまかなわれているそうですが、今回の地震で被災された方々のご負担にならないよう、このお金を役立てていただけたらと願っています。
今年もぶじに「ことばのポトラック」を終えることができました。無償で出てくださったゲストの方々、参加してくださったみなさん、ありがとうございました。写真の撮影はサカタトモヤさん。ホントにみなさんのお力があって実現している「ことばのポトラック」です。ありがとうございました。来年は3月に開催の予定です。(2016.6.3)

*「本のポトラック」に献本してくださった出版社名を以下に記して、お礼を申し上げます。
河出書房新社/小学館/朝日出版/新潮社/岩波書店/平凡社/イーストプレス/集英社/プレジデント社/筑摩書房/タバブックス/ミュージックマガジン/光文社/幻冬社/早川書房/赤々舎/無人島プロダクション/思潮社/ビレッジプレス/講談社