大竹昭子のカタリココ

朗読イベント〈カタリココ〉&トークイベントのお知らせと「日々雑記」

おしらせ&雑記

福岡伸一×大竹昭子トークショー

■青山ブックセンターでおこなった福岡さんとのトークがとてもおもしろく、語り残したことも多くあったので、第二弾を企画しました。
テーマは「写真と生物学を横断する」。
ちょっと強引な組み合わせに見えるかもしれませんが、人間の思惑を超えた「世界」のありさまを写しだすのが写真、かたや、生き物のふるまいをありのまま記述するのが生物学。
となると、一見、無関係に思える両者のあいだに、なんらかの関係性が見いだせるのではないでしょうか。
拙書『この写真がすごい』に取り上げた写真の中から、福岡さんに「気になる写真」を選んでいただき、また新しい写真を互いに持ち寄りながら、生命の不思議さを模索します。

日時:2009年6月13日(土) 16:00 開場 16:30トーク 開始 18:50~21:00 懇親会 終了しました
会費:3,000円(ワンドリンク、軽食付き)
会場:foo/東京都港区東麻布2-28-6 http://foo-azabu.jp/
定員:30名(予約制 先着順)
予約:info@lifeandshelter.org  または fax 03-3560-2047へ。
small talk vol.8 参加希望と題し、<参加者全員のお名前、住所、電話番号>を記載の上、お送りください。
問合せ:03-3560-2046(担当:田中/相澤)

5月22日、関西でトークイベントに出演

■5月22日(金)夜7時から、大阪中津にあるパンタロン・ギャラリーで、5月9日から31日までその会場で展覧会をおこなう佐藤貢さんとトークをいたします。
佐藤さんの作品を知ったのは、数年前に同じ大阪のイトヘン・ギャラリーで朗読会をしたときでした。ふと目に留った作品に興味を持ち、お名前を記憶しました。翌年、東京の森岡書店で行われた佐藤貢展で他の作品も見ることができ、同時に作家本人にもお会いしてふたりでトークショーをする機会を得ました。その夜の対話はいまも強烈な記憶として残っています。
今回、佐藤さんと再会し、「美術と写真を横断する」というテーマでトークができるのは、この上もない喜びです。拙書『この写真がすごい』の中から、佐藤さんに興味ある写真を選んでいただき、それを上映しつつ話しを展開いたします。

詳細はパンタロン・ギャラリーの展覧会案内「佐藤貢展」の項目をご覧ください。
http://www.pantaloon.org/index.html

終了しました

東大先端技術研究所オープンハウス・シンポジウム

先端研の御厨貴さんの企画で、「ホンモノとニセモノー人はいかにサバイバルするかー」というテーマで語り合います。
パネリストは春日武彦さん(精神科医)、梯久美子さん(ノンフィクション作家)、池内恵さん(イスラム政治思想研究)と私の四名。常日ごろ、その仕事ぶりに共感をもっている方々とどのようなお話ができるのか楽しみです。

日時:2009年5月30日(土)14時~15時50分 終了しました
場所:駒場東大第2キャンパス内先端研・An棟2fコンベンションホール
入場無料