大竹昭子のカタリココ

朗読イベント〈カタリココ〉&トークイベントのお知らせと「日々雑記」

おしらせ&雑記

2009 年のカタリココ

3年目を迎える2009年の<カタリココ>は、店舗数がさらに増えて5店になりました。
吉祥寺「百年」、茅場町「森岡書店」、目白「ポポタム」、千駄木「古書ほうろう」、お茶の水「ボヘミアンズ・ギルド」の5店。
それぞれ特徴ある店作りをして本と人をつなげている古書店で、エリアの散らばりもちょうどいい具合。
私たちはややもすると決まった街の中で、決まった動きをしてしまいがちです。
<カタリココ>をきっかけに街を横断してみることも、実はこのイベントのひとつの特徴として温めてきたことなのです。

■6月20日(土)20時開演
ゲスト:堀江敏幸(小説家)
会場:森岡書店(茅場町)→森岡書店
*6/15(月)~6/27(土)堀江敏幸写真展開催


■7月17日(金)20時開演
ゲスト:荻世いをら(小説家)
会場:百年(吉祥寺)→百年


■9月19日(土)20時開演
ゲスト:小池昌代(詩人・小説家)
会場:ポポタム(目白)→ポポタム
*9/15(火)~19(土)小池昌代ドローイング展開催 


■10月21日(水)20時開演
ゲスト:黒川 創(作家)
会場:古書ほうろう(千駄木)→古書ほうろう


■11月7日(土)20時開演
ゲスト:大竹伸朗(美術家)
会場:ボヘミアンズ・ギルド(神田神保町)→ボヘミアンズ・ギルド


各回入場料:1500円

2008年の<カタリココ>

2008年は、1年目でかたちが出来上がった<カタリココ>を、いろいろな町にデリバリーすることを考えました。
新しい会場となったのは、吉祥寺「百年」、渋谷「フライングブックス」、茅場町「森岡書店」の三つの古書店です。
新世代のオーナーが登場するようになって、古書店のイメージは従来のものとはずいぶん変わりました。
古書の販売だけでなく、さまざまなイベントをとおして街や人と関わっているのが特徴です。
6月から12月まで各店2回ずつ開催し、オーナーの世代に合わせて若手のゲストをお招きしました。
ゲスト名と開催店と以下のとおりです。

6月 いしわたり淳治(作詞家)・百年
7月 小林エリカ(文筆家・コミック作家)・フライングブックス
(8月は休み)
9月 ミーヨン(小説家)・森岡書店
10月 ECD(ラップミュージシャン)・フライングブックス
11月 柴崎友香(小説家)・百年
12月 坂口恭平(アーチスト)・森岡書店

9月の書評空間

9月の書評空間では以下の本を書評いたしました→書評空間
■板垣真理子著『ブラジル紀行 バイーア・踊る神々のカーニバル』(ブルースインターアクションズ)
ブラジルの儀式や音楽には、どれほどアフリカン・カルチャーの影響が見られるのだろうか?写真家の行動力と嗅覚を傾けて取材したドキュメンタリー。

新刊が出ました!

個人美術館の旅・書影『あの画家に会いたい個人美術館』が新潮社とんぼの本から出ました。
2002年に出した『個人美術館の旅』(文春新書)と重なっているのは3館で、
14館が新たな登場です。
だれもが知っている東山魁夷から、知られざる魅力の画家まで、
17人の画家を取り上げています。

8月の書評空間

8月の書評空間では以下の2冊を取り上げました。
書評空間
■金村修『斬進快楽写真家』(同友館)
「写真は動機が薄弱でも撮れるところがいい」と語るパンチある写真論。
■イサベル・アジェンデ『精霊たちの家』(河出書房新社)
精霊の飛びかう屋敷に暮らす一族が「不幸な時代」を生き抜く、三代にわたる物語

2009年カフェ・カタリココ

<カフェ・カタリココ>は四谷のカフェを舞台におこなわれる大竹昭子のご近所版<カタリココ>です。テーマに沿ってさまざまな作家の作品をトークをまじえながら朗読します。

■5月17日は、ことば遊びをテーマにチェコを代表する作家イージー・トゥルンカによる『ふしぎな庭』、スズキコージの『とさかにごはん』、二宮由紀子の『まくわうりとまほうつかい』などを朗読します。

5月17日(日)15:00~16:00(開場14:00) 終了しました
場所・だあしゑんか(四谷三丁目より徒歩1分。外苑東通りラーメン大陸2階)
料金・500円+オーダー
要予約(定員13席+立ち見)
Web・http://dasenka.jpn.org/bar/
*メール・電話・店頭にて受け付けます
メール:bar_dasenka@yahoo.co.jp(@を半角に変えて下さい)
電話:03-5269-6151



■4月のだあしゑんかの<カフェ・カタリココ>が、早々にいっぱいになってしまったので、その近くで連休明けにもう一夜もうけることになりました。
会場は四谷三丁目の住宅街にひっそりとあるカフェ「喫茶茶会記」。
はじめて訪れると、だれもがその隠れ家的な雰囲気にびっくりします。
ウィクデーの遅めの時間帯に設定しましたので、仕事帰りにお気軽に立ち寄りください。
刊行したばかりの短編集『随時見学可』(みすず書房)をトークをまじえつつ、朗読いたします。

5月12日(火)夜9時~10時終了しました
場所・喫茶茶会記 新宿区大京町2-4 サウンドビル1F
料金・500円+オーダー
要予約:メール・電話・店頭にて受け付けます。
メール:sakaiki@modalbeats.com
電話:090-1034-3487
http://sakaiki.modalbeats.com



■発売したばかりの新刊『随時見学可』(みすず書房)を、ほかに先駆けて朗読。どのようにしてそれぞれの作品が生まれたのか、全体に流れるテーマなどをお話します。

4月26日(日)15:00~16:00(開場14:00)終了しました
場所・だあしゑんか(四谷三丁目より徒歩1分。外苑東通りラーメン大陸2階)
料金・500円+オーダー
要予約(定員13席+立ち見)
Web・http://dasenka.jpn.org/bar/
*メール・電話・店頭にて受け付けます→満席にて予約終了しました。
メール:bar_dasenka@yahoo.co.jp(@を半角に変えて下さい)
電話:03-5269-6151